素行調査に必要な準備

探偵に素行調査を依頼するために必ず必要な準備が存在する。

まず、調査対象について出来るだけ細かい情報を探偵に提供する。具体的な身体上の特徴(身長・体重・見た目の特徴・眼鏡の有無・頻繁に持ち歩く所持品・移動手段、オートバイ・車・自転車について)

次に調査対象者の主な立ちより先を探偵に伝える。(自宅住所・勤務先住所や部署・頻繁に買い物する店舗など)

調査を行う動機と目的を探偵に伝え調査結果を基に「何をしたいか」意向を探偵に認識してもらう。

以上の3点はどのような素行調査を依頼する際にも最低限必要な情報であり、対象者の顔を確認する為に欠かせないといえる。調査を無駄なく円滑に進行する為に必要な「依頼人の意向」も探偵が認識できない場合は調査にマイナス要素になるので正確に伝えるべき情報といえる。

あなたの調査依頼先である探偵が上記の情報を「面談時に細かく聞かない」場合は悪徳探偵の可能性が高いため早期に調査を切り上げ他社に依頼し直しを考える事が望ましい。

無駄を省き調査料金を安く

探偵に案件全てを任せた調査依頼は「高額な調査費用」が発生し料金トラブルの原因になりかねない。

調査の相談や契約時点で「無駄を省く契約」が探偵との間に交わされたならば「いちいち連絡をとり探偵に指示する手間」は削除できる要因となる。深夜に及ぶ素行調査や浮気調査は深夜時間帯に探偵と連絡する煩わしさが調査進行中に発生する。

夜中に依頼人の指示を仰ぐ探偵からの連絡が発生しない為には「浮気に関わる行動以外は何時で打ち切り」との調査指示を事前に伝えておけば問題ない。

もし、浮気に発展しそうな行動内容(異性と飲食中など)は続行する。

このように「無駄な連絡は相談契約時」に殆ど省ける。

事前の「調査指示が無駄な調査延長」を防止するため「調査料金の節約」にも繋がり多くのメリットを御依頼者に提供する事となるのである。

Page Top