探偵事務所に夫の浮気調査依頼した体験談

結婚前から優しい男性で子供が生まれてからは良い父親でもありました。

「目に入れても痛くない」と自他ともに認めるほどの子煩悩でしたが、ある日を境に私や子どもに対しても態度が一変しました。

いつものように夫婦そろって参加した学校の行事が終わって、私は子どもと一緒に夕食、夫は「父親の会」に出て夜遅くに帰ってきました。いつも通りのグテングテンに酔っぱらっていましたが、ダラしないいつもの眼つきじゃなくて刺すように私を睨みます。

あとから分ったのですが、夫はこの時「あんたの奥さん、○○さんと怪しいって噂になってるよ」と言われたらしいのです。普通なら怒って文句を言ってくるような夫ですが、次々に違う人から「俺も知ってる」みたいな感じで言われたらしく、私の浮気がは飲み会で肴になっていたようです。

すっかり信じた夫は戻ってきた日から疑っていたのでしょう。私の浮気はガセネタなんですが、ママ友のやっかみでワザと噂を立てたと思うのですが今となっては発信源が誰だったかはわかりません。

1ヶ月以上嫌な雰囲気が続いていたので私から口火を切りました。夫に真実を説明しても信じてもらえず、結果として夫婦は別室で過ごすことになりました。私に後ろめたさはありませんので謝るつもりはないですし、夫も私の過ち(ホントは違うけど)を許すつもりはありませんでした。

ふと気付くと夫は浮気をしていたのですが、今更それを咎めるような夫婦関係にはなっていません。そのうち外泊することが多くなり、最終的に私から離婚の話を持ち出したのですが、それを聞いた夫は突然怒りだし「原因はお前にあるのに生意気なことを言うな!」とどなりまくったのです。それから日を追うごとに言葉の暴力はエスカレートしていき、公認のように浮気をはじめたのです。

思い余って探偵事務所に浮気の相談に行きました。悩んでいたけど人には相談できずネットを検索していたら、同じような悩みを持った人が探偵事務所のお蔭で助けられた体験談を見たのがきっかけでした。

探偵事務所に行くと夫の名前や生年月日や職業などの簡単な情報と、浮気相手について聞かれました。夫については分りますが、浮気相手が誰なのかは知らないと答え、次回の契約時に夫の写真を持ってくるように言われました。親身になって聞いてくれただけで数ヶ月の心の重荷が少し軽くなったくらいですから、これを解消するには「絶対に別れる」と帰りの電車の中で心に決めました。

翌日には契約を済ませ夫の写真を渡しました。浮気調査は3日後に報告書ができていて夫の浮気日の行動が記載され、浮気相手の家に入る写真と翌朝ゴミ出しをする写真、そして夫と女性が一緒に家を出るところが写っている証拠が添付されていました。

探偵事務所から斡旋してもらい夫の浮気が原因で離婚するときに詳しい弁護士さんを紹介してもらい、裁判所では財産分割や慰謝料・養育費のほかに相手の女性に対しても慰謝料を求める訴えを起こしました。結果は示談で取り下げましたが、夫と浮気相手から謝罪を受け相応の示談金を手にすることができました。

もしあの時、インターネットで探偵事務所を知ることが無かったらと考えると、探偵事務所が私の悩みを解決してくれたと感謝しています。

Page Top